レンタルオフィスを活用しよう~レンタルしてスパっと経費削減~

男性

オフィスを借りる

作業員

レンタルオフィスを利用する上で、そのままではいずれネックになりそうなのが、広さ。初めは社員一人の企業でも、そのうち規模の拡大を考える機会もあるでしょう。そうなると、社員数を増やさなければなりませんし、だとするとニ畳に机一つ、というレンタルオフィスでは狭すぎます。しかし、それはあくまでも、個人用のレンタルオフィス。実は、複数人の社員が入ることを想定した、中規模のレンタルオフィスもあるんです。やはりこちらも人数分の机や椅子、パソコンなどの設備は最初から揃っており、すぐにでも業務を始められます。個人用から移転する場合でも、オフィス家具などを移す必要がないため、搬入の手間などかからずとても便利。もちろん、コスト面にも優れているため、出来るだけ節約をしたい企業の心理にはぴたりと沿うものでしょう。それでも人数的に合わなければ、そのときは別の賃貸オフィスなどに移ることを考えてもいいでしょう。レンタルは賃貸とは違い、契約解除も容易なため、移転を決めるのも飛躍的に簡単なのです。
もちろん、移転した先の設備投資などはしなくてはならないのですが、会社設立直後でなく、ある程度業績が安定してきているのであれば、コストの捻出も可能でしょう。中規模までの企業であれば、充分にレンタルオフィスを活用することができます。レンタルオフィスはビルの一室に用意されていることもあります。パーテーション等を活用することにより、会議室を分断することも可能のため自分に合わせてビルの一室を活用するといいでしょう。