レンタルオフィスを活用しよう~レンタルしてスパっと経費削減~

男性

スペースに対応

ビル

いくら部屋が広くなっても、それだけでは不足しているもの。それは、応接室や会議室などの、特別な用途で利用するスペース。こういったものがないと、社員同士で意見を出し合える機会が作れませんし、また来客に対応することができません。
しかし、レンタルオフィスとして契約をしているのは、あくまで職場としての一つのスペース。会議室や応接室を詰め込む余裕はありませんし、また別のスペースをレンタルするのであればそれに応じたコストがかかります。
それはさすがに本末転倒。でも、ご安心を。レンタルオフィスには、フロアで共有という形ではありますが、貸し部屋というサービスがあるんです。要するに、会議が必要になったり、来客対応が必要になったときのために、専用の部屋を借りることができる、というもの。これの優れているところは、必要なときに必要な時間分だけ借りることができる、ということ。
不要なときは利用しなければ良いだけなので、余分なスペースを遊ばせておくこともなければ、維持費などもかかりません。利用には費用がかかりますが、自社スペースとして所持することを考えれば非常にリーズナブルです。自社スペースはお客様も訪れます。そのため、自社の雰囲気を出すことも大切です。ただ、雰囲気を出すことにより、レンタルオフィスを改造しないよう気をつけましょう。修繕費がかかることもあるため、レンタルオフィスの環境を維持することも大切です。環境を維持する際には家具の扱い方に気をつけよう。